読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松竹新喜劇

演劇

藤山寛美が亡くなって、27回忌の記念公演を観に、松竹座に行きました。

藤山寛美の十八番を、孫が演じています。

思い出の写真集が、ロビーに飾られ、孫を抱いた、藤山寛美夫妻の写真もあります。

一生懸命演じているので、余裕がない。

演技は、間が大事なのですが、それがまだ全くない。

藤山寛美の偉大さが、孫の演技を通して、ますます光る。

他の役者さん達は、ベテラン揃いなので、余裕のある笑いを引き出して、観客を無理なく笑わせていた。

ゲストに波乃久里子が出ていた。

藤山寛美は、まともとは、新派の役者だつた。新喜劇の渋谷天外に誘われて、松竹新喜劇には入った。

2000回無休興行は記憶にあるが、肝硬変の悪化で60歳でこの世を去った。

大きな借金を抱えて、無休講演。

藤山寛美を超える喜劇役者は出てこないだろう。

帰りに、はり重のカレーハウスで、ビフカツランチを食べました。家に帰ってからでは遅くなるので。

本町まで歩いて、地下鉄に乗りました。

御堂筋を歩くと、有名ブテイックを観ながら歩くので楽しい。

心斎橋から、戎橋にかけて、アジアの観光客ばかり。

日本人はマイノリティ。