読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚痴

独り言

 

f:id:happyengel:20160709140503j:image

母は、自分の母親が愚痴を良くいう人だったと言った。

寂しい人だった、と言っていた。

ブログという、ネットを通して、愚痴が言えるようになって、祖母が生きていたら、ブログで、悩みや愚痴を言えただろうか。

私は、ブログを始めた時に、好きなように書いていた。気を悪くするようなことを書いているつもりはなかった。

妹の娘が、私が書いたことで、傷ついた、と妹から聞かされた。

自分たちことは一切書かないで欲しいと釘をさされた。

以来、書かないようにしている。

弟の友人が、私のブログを読んでいるとかで、これからは書かないでくれ、と釘をさされた。

日記にようになると、毎日の出来事を書く以外に、書きようがない。

見ていない人は知らないけど、匿名になっていても、自分のことだとわかれば、気の悪い話。

友人、知人のことも、書かないほうが良い。

誰かに読んでもらいたくて書くブログ。

関わりのある人に知れないように、書こうと、新しいブログを作った。

書くことは、赤恥を晒すことにもなる。ネタになる人は迷惑至極。

料理だとか、趣味のブログは、問題ないが、日記風のものはプライベートが主題になる。

愚痴を書いたらストレスが解消されて、実際には公共の場にアップロードする前に削除しても、

心が落ち着いている。

友人に愚痴を聞いてもらうのもストレスを発散出来る。

女友達は、愚痴を言い合うありがたいそにあるのかもしれない。

愚痴が言える友人が、1人はいたほうが、生きやすくなる。

男は愚痴を言わないと言うのは嘘。

家では聞いてもらえない愚痴を、バーや、スナックで発散させて、家に持ち帰らない。