読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ怠慢

日々の事

伊賀でタケノコを頂いて、おすそ分けしたり、人と話をする機会に恵まれている時は、書くことがなくて、つい怠慢になる。

人と楽しく話をすることで、私の心は充満してしまって、書くスペースが空っぽになる。

書きたいことといえば、1983年にインタビューを受けている、岸恵子が、あまりに魅力的なこと。凄く美しい。

美しさにこだわると、いつだつたかどこかのインタビューで語っていた今も、美しさは失っていないけけれど、イブシャンピと離婚して7年、亡くなった後の岸恵子は、すでに孫がいるのに、その美しさは、頂点ではないかと思われる。

意志を持って、困難な道を選んで生きてきたと語っているが、凛とした美しさ、エレガントな言葉遣い、控えめな、日本女性らしさがありながら、物言いは、毅然として、明晰なコメントが次から次に溢れ出てくる。

赤の洋服が、よく似合う。

襟を縦長に、ゆったりと着ている着物姿が妖艶。着物姿で、髪は下ろしたまま。

何十年ぶりに誂えたという着物。

日本とパリを往復しながら、飛行機の中にいる時が最も心安らぐとか。

岸恵子は、自分をデラシネだと言う。

自ら、根を引け抜いたデラシネデラシネとは、自ら根を引き抜いて生きることを言うと。最初から根無し草ではない。

50歳の岸恵子は、若い頃は貪欲で好奇心が強く、欲張りで、上を目指してたが、この程度のことなのかと、と語っている。その後の、岸恵子の活躍は、誰もが知る所だから、常に成長し続けてきた女優であり、親善大使でありエッセイストとして本も何冊か出しているが、そのインタビューての輝きは、眩しくて、頂点というものではないかと思われた。

美しさに全く無関心て、楽なのが良い怠け者の私。

せめて、背筋をまっすぐにして、歩こう。

心のときめきを大事にしたい。

安らぐ空間の中で。