読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シカゴ空港で出会った女性

シンシナティ

 

 

シカゴの空港で、すごい女性に出会った。

お蔭で,入国審査を待つ長い列も,全然苦にならずにすんだ。

 飛行機の中で、トイレの側に座っていた人で、日本人だかわからなかった人。

いつも笑っているように見えた人だった。

 な、なんと彼女は、昨日、ラスベガスから帰ってきて、途中大阪に泊まって、翌日は、

オーランドに行くと言う。

 それだけで、えーっと思ってしまう。

 100万マイルは、早期退職までに達成してしまっていて、200万マイルの申請をするように言われている。

 会社を早期退職して、アメリカが好きだから、しょっちゅう行っているとか。

会社に在籍中にも、2,3日の休みで、、海外にとんぼ帰りで出ていたとか。

 今は、母親の介護をしながら、ショートステイに預けて、旅行している。

 昨日は、大阪で1000円の宿に泊まっていた。生活保護者に為のホテルだそうで、ブッキングコムで見つけたという。

 800円でもあったとか。畳で,布団の清潔で新しかった。

 年間100万円を旅行代に使っている。それで何度も旅行している。

ヒルトンのタイムシシェアーを持っていて、。それを使わないといけないから、という話から始まって、聞いているうちに、なんて凄いと思うばかり。

 毎年、10万マイル以上飛んでいるので、つねに,ビジネスのアップグレードでしょうと思ったら、格安券だから使えないそう。

格安って、いくらだと思う?

 ホテル付いて、オーランドまで7万8000円、ええーとびっくり。 コピーを見せて。

エクスペディアで,ツアーを撰んで,行っている。

携帯電話は、最も安い,ネットは、週に一度、市の図書館で,メーるのチェックやネット購入、印刷も。 

 ヒルトンのタイムシェア以外は安い宿か、ユースホステルを利用する。

 ヨーロッパにも良く行くそう。アルルの山の中にある、オーベルジュで、三つ星級の料理がついて、3000円で泊まれる素晴らしい宿があるという。 野宿も厭わず、山中への厭わず、サンチャゴ、デ、コンポステーラ、へは、何度も,様々な場所から、体験している。宿は無料の所もあり、食事もあてがわれたり、とても楽しいそう。

 図書館で本を調べて、というので、「銀河を辿る」という本を知っている?と,聞くと、

その人は,その本で感動して、巡礼を始めたのだという。

手紙を出そうかと思うくらいの信奉者。

 私は、清水先生から,その著書を頂いて、毎年、夏に行かれていることも聞いていた。

 素晴らしい本を出されたことにも感心,人を突き動かす本を書かれ,その通りに巡礼を続ける人が、きっと他にも沢山おわれるだろう。

 じつは、私税務署に勤めていました、と彼女は言う。55才で会社をやめた。母親の介護もあって。

 私が日経を撰んでいるのを、見ていて、年取っているのに、経済通と判断したとか。

 税務署だから、自明の通りで、投資もしている。私的年金にも入っている。

その人の一方的な話で、私は、ただただ感心して聞いている。

私の懸念は、それほど出ていくと、入国審査であやしまれないか、ということ。

 彼女は、麻薬の運びやではないかと疑われたことがあるという。言葉がわからないから、笑っていれば、通してくれたという。

 私の前にいた彼女に、入国審査の順番が来 た。

彼女は、終始笑顔で、審査員の前に立っている。書類を出して、ただだまって。

何日と聞かれているようで、手を広げてい、4日だというしぐさ。

 笑顔、笑顔。

税務署に勤めていた彼女が、何度もラスベガスに行く。ギャンブル好き。わずかしか遊ばないそうだけど。

 入国後、彼女はどこにいるかわからなかった。

 私のチケットは、同じ飛行機で、14万でホテルなし。エクスペディァに、そんなツアーがあることに、しかも一人で,その値段に,おどろき。 ラスベガスもオーランドも8万円以下のツアー。一泊ホテルをつけて、あとはヒルトンのアパートンメントホテル。

おしめの母親の介護も、新しい発見と楽しさがあると言って笑っている。つましい日常生活に、節約旅行で、200パーセント、人生を謳歌している人がいる。

 本当にすごい人。ただただ感心していた。 住所と名前くらい聞いておけば良かった。

世の中には,そういう人が一杯いるのだろうな。すごい女性達が。パワー全開の女性達が。