月末の映画は、revenant

優待券を使わないことの方が多いこの頃、昨日から、二日間、西宮ガーデンズの映画館に通った。 それほど見たい映画がないのと、テレビでもすぐに出てくるから、映画館にわざわざ行かなくてもというので、忘れていることも多いのだけど、気づいたからには、行…

クアトロ、セゾン

先斗町にあるレストランで、川沿いに建っている店は、川床がある。 クアトロ、セブンという名の、イタリアンも、その一つ。 人気の店のようで、平日は、女性客ばかりで賑わっていた。 河床をしている店は、高いという先入観があるが、ランチは、2500円と、35…

会話

祖母が元気だった頃、生きているということは、会話が出来ること、と言った言葉が、いつも心の中に残っている。 祖母は、話をするのが好きだった。寂しく育った人なので、人懐っこくて、誰からも好かれた。 父が、仏さんのような人と形容したほど、いつも穏…

海よりもまだ深く

是枝監督の話題作、海よりもまだ深く、を尼崎の映画館で観ました。 尼崎の高層住宅に住んでいる人達も、そして誰でもが、このような問題を抱えていて、諦めたり、何かを捨てたりしながら、辛うじて幸せという名の電車に乗りたい、一応はなんとか暮らしている…

春秋座、男達の棲家

猿之助が芸術監督を務める春秋座で、佐々木蔵之助が主催する、チーム申の特別公演を、京都芸術劇場15周年記念で、猿之助と仲の良い、京都出身の佐々木蔵之助、ドラマでも蔵之助と共演している佐藤隆太の3人での舞台。 幕が開くと、猿之助が艶やかな女舞をた…

松竹新喜劇

藤山寛美が亡くなって、27回忌の記念公演を観に、松竹座に行きました。 藤山寛美の十八番を、孫が演じています。 思い出の写真集が、ロビーに飾られ、孫を抱いた、藤山寛美夫妻の写真もあります。 一生懸命演じているので、余裕がない。 演技は、間が大事な…

試食を頼まれて

新しく発売する麺の試食を頼まれて、今朝は、うどんを湯がいた。 報告は早いほうが良いだろうと思ったから。様々な野菜をピューレにしたものを、30パーセント麺に練りこんで作った、ヘルシー麺と、こだわり抜いて作ったつけ麺の試食。 試食なので、ざるにし…

ゆかりのお好み焼き

歯医者の予約日、治療が終わって昼時なのに、朝たくさん食べたので、お腹がすかない。 アッシュアンドエムで、値下げされた服をあれこれ、試着して、何枚か買った。 お腹が少し空いたような、そうでないような感じ。時計を見ると3時を回っていた。 お好み焼…

草抜き

年に二回の、町内草抜きの日。 雨の予報だったのに、快晴。日延べされるよりいい。 いつもは、9時半くらいになると、そろそろと言ってもらえるのに、たっぷり10時半まで。 近所の人と話をする唯一の機会でもあるような。 裏の家から、我が家の庭が見えるよ…

定期演奏会

チケットを貰って、西宮芸術センターの定期公演を聴きに行きました。 朝のうちに、母のところに行き、イカリの朝一が昼まで開いてたので野菜をたくさん買って帰るともうすぐ出ないと間に合わないとあわてたら、1時間間違ってて、昼食もいっぱい食べて、ゆっ…

禅、心から形へのアート

art

京都博物館で開催中の特別展に行きました。 ダイナースクラブの情報誌で載っていて、行きたいと思っていたのです。 ずっと忙しくて、母の再手術な懸念もあって、いつ行けるかわからなかったのですが、幸い、手術はしなくてよくなり、時間ができたので。 混ん…

雨の日が好きだという人もいるけれど、私は嫌、でも ドライアイは楽なので助かる。 昨夜は、寝ている間、肩かずっしりと重くて、身体がとても疲れていた。 2キロ近く太って、これはいけないと奮起、毎日コナミで1時間近く水中歩行を続けたからだ。その上に…

マザーズデイ

お昼に友人と食事してから、母の施設に。 イカリで、シュークリームと花束を持参した。 施設では、母の日のために、花をアレンジしていた。 生花の店から来ているので、いつも頼んでいることがわかった。 いつも綺麗なお花のアレンジしたとのが飾ってある。…

福井敬、リサイタルと母の日

去年と同じく、福井敬のリサイタルが梅田のフェニックスホールで。 去年よりも、さらに声量が素晴らしく、 ホールに響きわたって、ますます充実した歌唱力を発揮されているのは、驚異的。 このところ、宮崎の音楽祭や、東京などのリサイクルがずっと続いて、…

歩いても歩いても

是枝裕和監督の映画が、日本映画チャンネルで放送されている。 海街ダイアリー、は、ダビングの途中で、トラブルがあって、最後までみられない。 ジェイコムのオンデマンドで、540円で見られるけれど、ほとんど見ているので、ツタヤに行って、半額で借りよう…

初めての京劇

初めての京劇、を西宮芸術センターで、初めて観た。 一度、ちゃんとした舞台が観たいと思っていた。 何度か観ている人もいる。ずっと観ている人もわずかながらいた。 私が興味を持ったのは、テレビで、京劇役者のドキュメンタリーをみた時。 それまでにも、…

飲み会

何年ぶりかで、以前時々参加していた飲み会に参加した。 阪神御影の駅近くにある、なだ番、という居酒屋。 久しぶりに会うメンバーは、相変わらず元気で、陽気。笑わせる話がお得意。 酒豪揃いで、飲む量は半端じゃない。 毎晩お酒を絶やさず飲んで、ある程…

汚水ますの洗浄

昨日、電話で、一箇所3000円でお試し掃除の案内。 何度か同じような電話勧誘があるが、断ってきた。 気になっていた汚水ますの洗浄。 2月だつたか、チラシが入っていた。 やはり3000円。1日かけてこの界隈を回るというものだつた。 忙しいままに、過ぎてし…

ブログ怠慢

伊賀でタケノコを頂いて、おすそ分けしたり、人と話をする機会に恵まれている時は、書くことがなくて、つい怠慢になる。 人と楽しく話をすることで、私の心は充満してしまって、書くスペースが空っぽになる。 書きたいことといえば、1983年にインタビューを…

木村伊兵衛写真展

art

パリの残像、と言うフレーズに惹かれて、京都のエキ美術館に。 待ち合わせは、四条河原町。 美濃吉でランチして、河沿いを歩いた。 八重桜が満開。残りザクラの花びらが、河を流れていく。 光を受けて、キラキラ輝きながら流れていく。 友人が好きだというハ…

団塊の破綻

「団塊世代」に格差が拡大している。 昨日の、NHKテレビで、破綻の危機に立たされている団塊世代の現実を見て 愕然とした。 高齢者の介護と、就職できない子供とを、団塊の世代が支えている。 他人事ではない。 私の周りにいる人達に、そういう困難な状況…

食欲

子供の頃、お抱え運転手がいて、立派な家構えの親戚の家に泊めてもらった思い出がある。 従姉妹は、家を建てる時に、その家の門構えが憧れだったので、それを真似て作ったという。 私は、どんなものであったか、全然記憶にない。 覚えていることといえば、バ…

関西リハビリセンター

豊中の柴原というモノレールの駅から歩いて6分くらいの所にある、関西リハビリセンターは、とても良いリハビリ病院だけど、なかなか入れないとのこと。 良い所には皆入りたいのは当然のこと。 圧迫骨折で、叔母の場合は、救急車でたらい回しの挙句に、不衛生…

鶴林寺

友人のお供で、加古川に。 娘みたいに可愛がっていた人が結婚して、新婚ほやほやのお宅に。 そのご両親のお宅にも先に訪問することになつて。 家全体、どこも愛用品でいっぱいのお家。アートフラワーをしておられる奥様の作品が、トイレの扉や、部屋の片隅に…

来客

先週の金曜日から来客があって、ブログを書く暇がありませんでした。 金曜日の夜、西宮芸術センターで、メンデルスゾーン作、真夏の夜の夢のチケットを買ってたので、もう一枚ないかと言われて、ネットで1番後ろの補助席のチケットが残っていて、それでもい…

夏の夜の夢、プレレクチャー

西宮芸術センターの今年のオペラは、ブリテンの、夏の夜の夢が、7月に、上演される。去年は、椿姫だつた。席の良いのが買えなくて、今年はと思ってたのに、やはり、良くないが。 そのオペラを中心に、様々なジャンルで、夏の夜の夢、に関係ずくパーフォーマ…

カラフェ

カラフェは、普通、ワイン500ccの量を指すが、日本では、360ccのレストランもある。 先日も、世界のワイン博物館で、カラフェは360ccだつた。 フランス料理の店で、念のため容量を聞いたら、500cc。 パリで、4分の1というサイズを一人なら頼む。 先日のフレ…

フレンチprune

梅田の喧騒を離れて、すぐ近くの地下に、フランスのエスプリを味合わせてくれる、すてきなレストランを見つけた。 フランスの、星あり、ビストロなど、8年間修行した、シェフのお料理は、目も舌も楽しませてくれる。 ワインは、専門のソムニエが。 フランス…

お気に入りの食器

食器の良さは、見た目、肌触り、使い勝手の良さ、ブランド、などが挙げられる。 私が一番気に入っているのが、美濃吉でもらった、小皿。 なんとも良いのだ。 洗うときので触りがすごく良い。 なめらかで、薄さも良くて、これが食器というものだと思う。 美濃…

ガスがつかない

夜、家に帰ると、ガスメーターが、赤く点滅している。 あれ、と思いながら家に入ると、ストーブが、点滅。止まっていた。 料理をしようと、ガスコンロをひねったら、つかない。 電池がないと思って、交換した。やはりつかない。 大阪ガスに電話。時間外で、…